WordPressを高速化するもっとも有効な方法とは?プラグイン、チューニング


Wordpressでみんなが気になる高速化!

Wordpressのバージョンアップとともに、徐々にプログラムが最適化されているのだろう。

Wordpress3を超えたあたりからどんどん早くなっているのが実感できる。

が、一部のヘビーユーザーを含めて、まだまだ満足する速度ではないのだろう。

投稿数が多くなるってくると、プラグインの導入数、使用しているテンプレートなどの

影響にもよるがやはりレスポンスが遅くなる。

それは仕方がないことだと分かっていても、チューニングをして何とか早くしたいと思うのが

WEBに生きているユーザーの宿命です。

●プラグインによる高速化
●キャッシュによる高速化
●データベースの最適化による高速化
●WEBサーバー、PHPによる高速化
などなど

WEB上にはありとあらゆる高速化が乱立しているのが現状です。
Wordpressバージョンアップによりあまり有効でないものまで検索エンジンの上位で該当してしまってます。

何とかWordpressの運用までは行えるユーザーにとって何が一番効果的なのか?

いろいろ試してWordpressシステムがおかしくなってしまう前に

ズバリ結論を話すと!

何がWordpressの高速化に有効なのかと言うと

それはサーバーのスペックです。

共有型のレンタルサーバー、主に低価格のものだとまず遅いのが当たり前です。

月額1万円クラスのサーバーでもまだまだ現状では遅い会社が多いと思います。

だから、高速化がはやるのでしょうが。

低消費電力のi7 6coreぐらいのCPUに、8MB以上のメモリーをうたっているサーバーを選べば

満足いく速度が得られることでしょう。

その分毎月のコストが高くなりますが…。

今後はやっぱり柔軟にスペックを拡張できるクラウドサービスが選択肢にはいってくるでしょう。

株式会社マイスタンダードでもクラウドサービスをご提供しております。

詳しくはWEBで

システム構築 大阪