WordPressの高速化 memcachedを導入してデータベースの負荷を抑える


データベースのアクセスが多いようなサイト

投稿記事が多い、コメントが多い、プラグインの導入数が多い、アクセスが多いなど

何らかの項目が多くなればなるほど、データベースの負荷、システムへの負荷が増えてしまいます。

データベースへのアクセスによる負荷を手っ取り早く解消する方法として

数年前から流行しているWordpressへのmemcachedの導入!

データベースのキャッシュをメモリー上に置くことで劇的なパフォーマンスを得ることができます。

導入自体も簡単で

ダウンロードしたobject-cache.phpを、/wp-content/フォルダに設置するだけです。プラグインの導入より簡単ですね。

object-cache.phpのダウンロード

もちろん、サーバーにmemcachedがインストールされて利用できる状態にあるのが前提です。

レンタルサーバーでは、利用できるところが無いのに等しいので、価格も同程度のVPS仮想化サーバーサービスを利用したいところです。

memcachedを利用すればWordpressのパフォーマンス、高速化が行えます。

■問題点として
memcachedの利用できるレンタルサービスが無い?です。

そのほかに、複数のブログサイトを運営していると、キャッシュ情報が重複してしまう不具合があります。

ほかのブログ記事などが別のサイトに表示されてしまうなどのトラブルが発生します。

1つのWordpressでマルチサイトを運営している場合は、問題が発生しませんが

2つ以上のWordpressを運営している場合は、データが見事に重複してしまいます。

memcachedはキーバリューなので、キーが重複するともちろんデータがおかしくなりますよね。

この辺の解決は

システム開発 大阪 ブログにて