【タグ/SEO対策

WordPress構築 関連性の高い記事どうしを相互リンク YARPP


関連性の高いサイトから、非リンクを得るとSEO効果に良いとされています。

外部サイトから、それらのリンクを得るためには、今すぐに!とはいきません。

長い年月をかけ、自分のサイト、ページを更新していく過程で

訪問者が増え、読者が増え、お客様が増え・・・

そして、多くのユーザーから評価を頂き

時間とともに、非リンクが増えていくのが基本です。

※SEO業者さんに、依頼する場合は別ですが


時間がかかるなら、しばらく待とう!

そう思いながらも、今すぐ行う方法はないものか?

そうだ、せめて自分のサイト内から、関連性の高いページどうしをリンクしようではないか。


検索エンジン上、効果も期待できるし、何よりもユーザーにやさしい!ユーザビリティーが向上します。


そこで簡単に関連ページへのリンクを設置する方法として

Yet Another Related Posts Plugin (YARPP)
http://wordpress.org/extend/plugins/yet-another-related-posts-plugin/

プラグインをインストールすればよい。


利用方法も簡単で、インストール後、すぐに利用できます。

ただ、それなりの記事数が無ければ、しばらくは関連リンクは何も表示されません。

後、好みに合わせて表示されるデザインを調整するだけです。


これだけで、SEO対策に有効かつ、ユーザビリティーの向上できます。

WordPressで日本語ドメインを使う!サブドメイン マルチサイト対応


WEBシステム開発

Wordpressで、日本語ドメインを利用する際に

いくつかのプラグインなどで、不具合が発生することが確認されています。

フォルダパスを処理する部分を、自前で修正できる場合は、それらの問題もそんなに問題視することはありません。

では、日本語ドメインを使うメリットは

やはりSEO対策の目的が、一番重要視される部分だと思います。

日本語ドメインは、特別SEO対策に有効かと言えば、それほどでもなさそうな気もしますが

そこそこのサイトから非リンクを受けると、SEO対策の効果が確認できます。

そして、「Wordpress と 日本語ドメイン」を組み合わせることにより

効率の良いアクセス、集客が行えます。

日本語ドメイン + パーマリンクの日本語(カテゴリー名日本語、タグ日本語)

これはまさに最強かもしれません。

株式会社マイスタンダードでは、コストパフォーマンスに良い!集客が行えるサイト構築をしております。