【カテゴリー/プラグイン

Wordrperssのプラグイン Instapressが熱い!


iPhoneで大人気の写真アプリがAndroid版のリリースでさらに人気になりそうです。

Instagramは、選択するだけで簡単に写真をカッコ良く加工してくれるアプリです。

社内でも社長を筆頭に、みんなで写真遊びをしています。

そんな便利なInstagramの写真をTwitter、Facebookだけで共有するのはもったいない!

撮影した写真を

Wordpressでも共有できれば、もっとブログ、サイト更新が楽しくなることは間違いないと思うんですよね。

では、いつものように

Wordpressのプラグインを検索!結構な数のプラグインが該当します。どれも評価が高く、どれを

インストールすれば良いのか?迷ってしまいました。

Post内に表示するタイプやら、ウィジェット内に表示するものまで、何タイプかありそうです。

試しにいくつかインストールしてみたのですが

Instapressが一番カスタマイズ(スタイルシート指定)ができて、使い勝手が良かったのでこれを利用することに!



lightbox風に表示した枠のタイトルが、?っと文字化けしてしまうエラー・不具合がありました。

まあ、タイトルは非表示にして、カットすれば何とかいい感じにまとまります。

お問い合わせフォーム 確認画面 プラグイン


お問い合わせフォームのプラグインとしてContact Form 7が有名ですが

入力内容の確認画面が無いので、個別にカスタマイズして対応している方も多いと思います。

Contact Form 7はajax仕様で、ドラッグアンドドロップでフォーム項目を構築することが

誰でも簡単にできるので、HTML、PHPが詳しくなくても、標準的なフォームを作成することが容易です。

ただやっぱり確認画面がほしい・・・

どちらかと言うと私は、確認画面は要らない派なので、あまり気にはしないのですが

クライアント様の中にはどうしてもほしい!っと言う要望が多いです。

余談ですが海外では、確認画面は無いのが普通みたいですね。まあその分の開発工数は減るメリットがあるのかも???

Contact Form 7をカスタマイズして確認画面を利用するのもいいのですが

Contact Form 7のバージョンンアップ毎に同じ事をするのは、ある意味面倒です。

そこでおすすめなのが

単独のフォームスクリプトを用意するか、記事の中でPHPが使えるプラグインを導入して

PHPフォームを記事の中に作成してしまうかです。

入力フォーム用の記事、確認用の記事、完了&メール送信用の記事を用意してやればいいだけです。

自分でコードを書かないといけないデメリットはありますが、カスタマイズ自由なフォームが設置できるので

便利です。

WordPress ページャー(pager)の設置 プラグイン テンプレート


Wordpressのほとんどのテンプレートでは、ページャー機能がnext,backの2つのリンクが表示される

簡易なものがほとんどです。

理由は若干ページの表示が遅くなる?のが原因かもしれません。(実際はほとんど遅くなりませんが・・・)

そんなページャー機能をカスタマイズして

WEBサービスで見かける記事単位に移動するリンクへと対応してみるのが、ユーザビリティの向上、SEO対策につながります。

そこで、どのようにカスタマイズすればいいのか?

①プラグインを導入する
②テンプレートファイルに直接コードを記載する

この2つが考えられます。

HTML、PHPの知識が無い場合は、必然的にプラグインの導入になります。

「プラグインにて導入」
メリットとして、導入が簡単、デザインを簡単に選べるなどです。
デメリットは、表示、システムが遅くなる可能性がある。ほかのプラグインと干渉を受ける場合がある。データベースに余計なデータが追加されるなどです。

「テンプレートにて導入」
メリットとして、設置する場所、デザインなどカスタマイズが自由
デメリットとして、PHPの知識が必要

おすすめなのがやはりテンプレートに直接コードを導入するです。

コメント spam 海外からのスパム投稿を防止する


Wordpressを構築し、仲間内で近況報告をしたり、有益な情報の配信、自分ログ、またはビジネスなどで

制限がゆるいコメント投稿を許可している場合

サイトがある程度はやってくると同時に、どこからともなくやってくるのが

海外スパム投稿の嵐です。

折角、日々の投稿に対してコメント投稿が増えていい感じにサイトがなっている中

英語だらけの意味不明なspam投稿が氾濫してしまうと、テンションが下がってしまいます。

かといって、制限のきついコメント投稿にしてしまうと

コメントされる機会を逃してしまいます。

この際、外部サービスのコメントシステムやFacebookのコメントシステムを導入するのも

手ですが、SEO効果を高めるためには、サイト内でのコメントも大事にしたいものです。

そこで、Wordpressに標準で導入されているAkismetプラグインを

検討してみましょう。

標準で導入されているので、プラグイン画面から有効にするだけで利用できます。

実際にAkismetを利用するには、apiの取得が必要になります。

その点だけ、手間が少しかかりますが、海外のコメントスパムが回避できるのら

安いものです。

その他のコメントスパム対策のプラグインのご紹介は次回。。。

WordPress データベース最適化 プラグイン 全てのテーブルを一括実行


Wordpressは、主にMySQLを利用して運用しているかと思います。

頻繁に記事の編集、カテゴリー、タグ、リンクの編集、不要なコメント、spamコメントなどの整理を

行っていると、データベースに不要な情報がたまり、データ処理の低下、ページの表示速度の低下が

起こってしまいます。


phpmyadminなど、GUIを備えたデータベース管理プログラムを利用すれば

最適化を簡単に行うことができますが、phpmyadminの利用できない環境では

データベースの最適化すら困難な作業となっております。


また、データベースの最適化を行うプラグインを、いくつか調べてみた結果

最適化するだけなのに、何やら難しい設定がたくさんあったり、データベースの

バックアップがセットになっていたりと、あまり知識が無い方には

敷居が高いものがたくさんあります。そして英語版・・・


難しいことはいいから、単純にボタン一発で、全てのテーブルを最適化してくれる機能が

ほしい!

そんなことを思いながら、弊社スタッフにより、データベースの最適化プラグインを

開発してみました。

開発して間もないので、公開は後日にします。

ご期待ください。


まあ、最適化は毎日する必要もないのですが、大幅にデータを削除した、データベースを独自に使用する

多くのプラグインを、インストール、アンインストールしたりした際には

データベースの最適化が望ましいと思います。

1 / 3123